Kamonoha World

日々の研究や日常の一部、読んだもののノート的なものです。メタ倫理学が中心です。

4月19日

研究所勤務の日。午前中は授業関係の仕事と単著の修正作業。午後は研究所の打ち合わせ。その後は研究所主催の研究会に参加する予定だったが、某文学部の先生と打ち合わせになる。大学内ローソン前で。その打ち合わせ中に今春卒業した某考古学志望の学生さんが声をかけてくださる。ロンドンに行くと思っていたらオックスフォードになったとのこと。こりゃあ、本物のマスター・キートンだな、という話に。その某先生のハイデガー形而上学の勉強会に参加しようかと思っていたが、奥さんが体調不良ということで急遽家に戻り、車で奥さんを駅まで迎えに。二人で駅近くのチャーハン屋さんで食事。夜は自宅で少し大学関係の仕事とドイツ語のおさらいを少し。完全に忘れ去っていると思っていたが、やり始めると少しは覚えていたことに気付く。