Kamonoha World

日々の研究や日常の一部、読んだもののノート的なものです。メタ倫理学が中心です。

1月3日

午前中は自宅でラジオやインターネットを駆使して箱根駅伝の状況を見聞きする。働いている大学のチームが大健闘した様子。

午後は授業関係の仕事、奥さんとウオーキングなど。明るいうちから歩き始めたので、近所のことがまたいくつかよくわかった。

Derek Parfit死去について、多くの哲学者たちが彼との思い出に語り始めている。今年の授業ではReasons and Personsで彼が同一性に関する考えと死の恐怖の関係について述べている箇所をとりあげてもよいかもしれない。自分も大学院生時代にReadingで彼の講演を聞くことができたことは良い思い出になっている。